2006/4/12(水)~20(水)  たくま窯 池田拓摩 昨陶展

週初めの「春の嵐」で桜が散ってしまいました。

季節は春から初夏に向かっています。
お店の暖簾も「木蓮」から「上り鯉」に衣替え。
新作のいぐさも揃いました。

2階ギャラリーでは伊万里の池田拓摩さんによる昨陶展が開催中です。

楽しい陶面がお出迎え
してくれます。
どうぞ、お上がりください。
陶面・絵付けの磁器・壺などユニークで優しい作品が揃いました。

 

新作の「金魚」と「水族館」「たい」のシリーズ。

可愛いお魚が楽しそうに泳いだり遊んだり、涼しげで今からの季節の食卓を明るくしてくれそうです。

「たい」のシリーズは五月の節句などお祝い事のテーブルにもいいですね。

ぷっくりとしたランチュウが泳ぎ回る金魚桶。

金魚の一匹一匹が活き活きとした表情をしています。ただ、お水を張っておいているだけでも素敵なインテリアになります。

「ふたり」「泣くなよ」「飲めや歌え」「乾杯」「まあいっぱい」「きらきら星」などの名前もユニークな色絵付け・染め付けの器たち。

拓摩さんの人柄をそのまま映し出したようなほのぼの楽しい絵柄で、日常の器に使えば、毎日が楽しくなります。


拓摩さんのライフワークともいえる、陶器・磁器で作られたお面「陶面」もたくさん並びました。
エレガントな顔立ち・ヘアスタイルだったり、思わずニヤッとしてしまうようなおもしろ顔だったり・・・

いろいろな表現・表情の陶面。
「ああ・・・こんな人いる」と思うお顔もあるかもしれません。

動物や空想の中のお顔、外国のお祭りを彷彿させるような顔など・・・拓摩さんのインスピレーションから生まれた、様々な陶面。  陶面は玄関先に掛けると厄除けにもなるらしいです。

毎日がちょっと楽しくなるような拓摩さんの作品たち。
小さな幸せを運んでくれる、拓摩さん人柄の現れた優しい作品たちにふれてください。

コメントを残す