RUTSUKO SAKATA フェルトワークショップ

開催中のRUTSUKO SAKATA FELT WORKS。
フィンランドの原毛を使った、あったかいフェルト作品がならんでいます。

昨日は、フェルト作家坂田ルツ子さんを講師にワークショップを開きました。

参加者は9名。
オーガンジーの生地とメリノウールの原毛を使って
ストールを作りました。

 

 

それぞれ思い思いの、デザインを考え、

エアパッキンの上に置いたオーガンジーの生地の上に、
原毛を引きちぎりながら置いていきます。

原毛を置いたら、中性洗剤をお湯で溶いたものを振りかけ、原毛を手で抑えます。
その上に、エアパッキンを重ね、ひっくり返します。

それをロール状に巻いて、荷造りひもで巻き、ころころと転がします。

一度開けて、修正したあと、また、ロール状にし、荷造りひもを巻いて
手や足を使って、ころころと転がす「ローリング」という作業をして
原毛を圧縮していきます。

圧縮すること1時間。
ほぼ、フェルトになりかけたストールをお湯に浸けては
タオルに挟んでローリング・・・を
何度も繰り返していくうちに

はじめ、原毛を置いただけの状態からすると
横幅は約半分、長さは3分に2ぐらいに圧縮されます。
あとは、アイロンをかけて完成!

・・・と、写真と文章だけでは伝わりにくいと思いますが、
ワークショップの開始が11時過ぎ。
お昼休みを挟んで、終わったのが5時過ぎ。。。
5時間半の格闘の末、皆さんそれぞれ、個性豊かな、楽しい作品がで仕上がりました。

特に、ローリングという作業は重労働。
皆さん、汗だくになりながら頑張られました。

世界にオンリーワンの作品を手に、満面の笑顔で帰っていかれました。

素敵なストール。 大事に使って下さい。

コメントを残す